電子書籍の印税についてさらに

033.jpg

HPのアクセス解析を見ると、

電子書籍 印税 原稿料

あたりで検索されていることが多いです。
そのため、もうちょっとそのあたりの情報を掘り下げていけたらと思います。

電子書籍を出すのは個人でもできる、と聞いたことはありませんか?
となると、凄く大雑把で極端な言いかたをしてしまえば「個人で出版社になれる」ということですよね。

大手の販売サイトに登録すれば見てくれる人も増えますが、手数料もかかるそうです。
でも、自分で販売専用サイトを作ってそこで売れば、間に入るところがない分得られる金額も大きくなります。
本が売れれば売り上げも増えます。
となれば、なるべくたくさん原稿を集めたい、となりますよね。

実際、電子書籍で原稿募集と探せば、たくさんの出版社や原稿募集のお話が出てきます。
でもそこでトラブルになることも、あるんです。

たとえば、

印税が振り込まれない。
まったく好みではない表紙になった……などなど。

だいぶ長くなってしまうので、次回どんなトラブル例があるのかなどをご紹介させていただきますね。





この記事へのコメント

  • 林檎まま

    こんにちは

    電子書籍を出すのは個人でできるんですね。
    知りませんでした^^;
    印税が振り込まれないトラブルなんて
    あるんですね!
    ありがとうございました。
    応援ポチしました♪
    また来ますね~!
    2016年01月29日 18:53
  • ぬこ/イチカロッカ

    林檎ままさん
    私もやりかたなどについて詳しくはないのですが、やっている方がいて少し興味がありました。
    GREEなどでアプリを出す場合は個人ではダメで会社ではないとという話があったので、もしかしたらある程度制約はあるのかもしれません。
    ただ、今は本当にいろんなことができるし、それだけ可能性も多いときだなと思います^^
    2016年02月06日 13:36

最近のコメント

修正と編集 by ぬこ/イチカロッカ (08/03)

修正と編集 by 東ピロ (04/14)

修正と編集 by ぬこ/イチカロッカ (04/04)

修正と編集 by ぷっちょ水無月 (04/03)

お久しぶりです。 by ぬこ/イチカロッカ (03/28)

お久しぶりです。 by エンドウ (03/04)

お久しぶりです。 by ゆい (02/20)

仕事の取り方4 by ぬこ/イチカロッカ (02/20)

シナリオライターが不足する3つの理由1 by ぬこ/イチカロッカ (02/20)

仕事の取り方4 by 秋歩 (01/02)