仕事の取り方2

022.jpg

前回の記事では、どうやって仕事を取るのかについてお話させていただきました。

今回はその続きです。
ここからは自分で営業をかけていくことをメインでお話していこうと思います。

まずは、どんなジャンルの仕事をしたいのか。
ここをはっきりさせておくことが大事ですね。

たとえば、乙女ゲームのシナリオが書きたいのか、美少女ゲームのシナリオが書きたいのか。
それとも、ニュース記事を書きたいのか、フレーバーテキストを書きたいのか。
小説を書きたい、にしても紙で出版したいのか、電子書籍を出版したいのか。
それにはこだわらず、小説を書くことでお金を得たいのか。

それによって動く方向やアプローチの仕方も変わっていきます。

まずはシナリオの場合ですが、基本はやっぱりそのゲームをプレイすること、だと思います。
シナリオライターになるには、ゲームをプレイしてどんなものかを知っておくことは一番大事ではないでしょうか。

乙女ゲームにしても、たくさんの会社からたくさんのゲームが出ているし、その会社によってカラーも違います。
R18なシーンがあるものもあれば、ないものもあります。
まずは興味を引くものをプレイしてみて、そのうえでその会社に問い合わせをしてみたり、そのかいしゃのHPをチェックしてみること。
そこからスタートだと思います。

シナリオライター募集とHPに出しているところも多いので、そのまま応募をすることもできますからね。

サンプルの提出や、課題を元にテストライティングをするところがほとんどなので、前もってサンプルを作成しておくといいかもしれません。
また、テストライティングでは既存のタイトルを踏まえてというところもあります。
前もっていくつかプレイしておくと、ここで慌てずに済むのがメリットですね。










この記事へのコメント

  • ryouji

    こんにちは。いつもありがとうございます。
    どんなジャンルで仕事を取りに行くかで目的も変わってきますね。
    自分が扱いたいジャンルをしっかり決めてから動くほうがいいですね。
    応援して帰ります。
    2016年08月31日 20:59
  • ぬこ/イチカロッカ

    >ryoujiさん
    こちらこそ、いつもありがとうございます。
    そうなんです。
    どんなジャンルのお仕事かによって、提出するべきものやアピールするべきポイントなども変わってくるし、スケジュールの組み方なども変わります。
    そのため、方向性を決めて準備をしてから動くほうが、スムーズかなと思います。
    いつも応援ありがとうございます。
    2016年09月01日 11:10
  • いずてん

    ご無沙汰しております。
    やはり、相手のことをしっかり知らないとダメだという事ですね。
    表面的な情報だけでは、信頼できる仕事ができない。
    TVで見るグルメリポートも、定番になられる方はしっかり食べてそうですものね。
    2016年10月15日 11:01
  • ぬこ/イチカロッカ

    >いずてんさん
    私の方こそ、ご無沙汰してしまいました。
    コメントを頂いていたのに、遅くなってしまってごめんなさい。
    相手のことを知るというのは、とても大切なことですよね。
    グルメリポート、確かにそうだと思います!
    しっかり食べて、理解しているからこそ深いコメントが言える部分もあるのではないかなと思います。
    2016年11月03日 17:24

最近のコメント

お久しぶりです。 by エンドウ (03/04)

お久しぶりです。 by ゆい (02/20)

仕事の取り方4 by ぬこ/イチカロッカ (02/20)

シナリオライターが不足する3つの理由1 by ぬこ/イチカロッカ (02/20)

仕事の取り方4 by 秋歩 (01/02)

シナリオライターが不足する3つの理由1 by  (11/14)

ニュース記事ライター1 by ぬこ/イチカロッカ (11/03)

長期契約の在宅ワーク by ぬこ/イチカロッカ (11/03)

仕事の取り方4 by ぬこ/イチカロッカ (11/03)

仕事の取り方3 by ぬこ/イチカロッカ (11/03)